『アウトプット大全』自己満足から自己成長へ【書評】

書評
・『アウトプット大全』を読んだ人の感想が知りたい
・そもそも「アウトプット」とは何なのか教えてほしい
この記事では、このような疑問にお答えしていきます。
くりあす
くりあす

こんにちは、くりあす(@kuriyaslog)です

今回はこちらの本をご紹介していきます。

created by Rinker
¥1,595 (2022/06/29 09:09:48時点 楽天市場調べ-詳細)
書籍名:学びを結果に変える アウトプット大全
出版日:2018年8月3日
著 者:樺沢紫苑(かばさわ・しおん)
発行所:サンクチュアリ出版
略歴
精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。

SNS、メールマガジン、YouTubeなどで累計40万人以上に、精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝え、「日本一、情報発信する医師」として活動している。

月に20冊以上の読書を30年以上継続している読書家。そのユニークな読書術を紹介した『読んだら忘れない読書術』(サンマーク出版)は、15万部のベストセラーに。その他、『いい緊張は能力を2倍にする』(文響社)、『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』(大和書房)など、28冊の著書がある。

公式ブログ http://kabasawa3.com/blog/

あるとき「いくらインプットしてもちっとも成長していない」ことに気づいた著者が、意識的にアウトプットを強化することで確立した、圧倒的に結果が出る「アウトプット術」をまとめた書籍となります。

 

私自身もアウトプットが疎かになっているきらいがあり、読んだ書籍の内容をあまり記憶できていませんでした。これも、アウトプットが不十分である悪い例のひとつです。

くりあす
くりあす

これでは読書の効果が充分ではありませんよね

 

真に「アウトプットする」とはどういうことなのか。
どうすれば自己成長することができるのか。

そんな疑問をもって、お読みいただければと思います。

スポンサーリンク

そもそもアウトプットってなんなんだ?

インプットとアウトプットについて、『アウトプット大全』では以下のように定義されています。

インプットとは、脳の中に情報を入れる、つまり「入力」すること。アウトプットとは、脳の中に入ってきた情報を脳の中で処理し、外界に「出力」することです。

具体的に言うと、「読む」「聞く」がインプットで、「話す」「書く」「行動する」がアウトプットです。

上に示したように、インプットでは情報や知識として脳内世界に蓄積されたまま「自己満足」として終わってしまうことが危惧されます。そうではなく、アウトプットにより変化や影響として現実世界へ反映させることで「自己成長」へ繋げよう、ということです。

 

男性A
男性A

とはいっても何をすればいいかわからない・・・

という方もいらっしゃいますよね。

 

例えば、本を読んだり、人の話を聞いたりするのがインプット
対して、人に何かを話したり、本の感想を書いたりするのがアウトプット

人から聞いた話について議論したり、読んだ本の内容をTwitterでつぶやいたりすることもアウトプットとなります。意外とハードルは高くありませんので、誰でも実践することができます。

 

「アウトプットの基本法則」を意識しよう

この本では「アウトプットの基本法則」として以下の4つが提示されています。

① 2週間に3回使った情報は、長期記憶される
② 出力と入力のサイクル「成長の螺旋階段」
③ インプットとアウトプットの黄金比は3:7
④ アウトプットの結果を見直し、次にいかす

 

「成長の螺旋階段」とは、インプットとアウトプットを繰り返していくことで、少しずつ上に向かうことができる、すなわち成長できるということを指しています。このアウトプットの結果に対して「見直し」「反省」「改善」などのフィードバックを返してあげることが重要なんだそうです。

 

また、とくに意識してほしいのはインプットとアウトプットのバランスです。著者によれば、平均的なインプット:アウトプット比は7:3と、黄金比の真逆となってしまっているとのこと。

これは「単純にインプットするだけが圧倒的に楽で、学んだ気分になれるから」なのではないかと私は思いました。しかし、学んだ内容は驚くほど身に付いていないんですよね。

 

「学びの本質はアウトプットだと著者は述べています。インプットに割きすぎている時間を少しアウトプットに回すことで、学びのレベルがぐっと上がるはずです!

圧倒的に結果が出るアウトプット術がてんこ盛り

この本では以下の3つに分けて、80項もの「アウトプット術」がまとめられています。

科学に裏付けられた、伝わる話し方
能力の最大限に引き出す書き方
圧倒的に結果を出す人の行動力
各項目がほとんど2ページに収まっているので、どのページからでも読むことができます。必ずしもすべてを実践しなくてもよいとは思いますが、どれかひとつでも意識していければ、自己成長が見込めるはずです。

 

私はいまこうしてブログを書いていますが、ここでも実践できることがあります。

例えば「時間を決めて書く」ということ。

 

ダラダラと書くよりも、一気に集中して書いたほうがスピード・クオリティともに向上するそうです。最初は難しいけれど、習慣づければ文章を書くトレーニングにもなるとのこと!

くりあす
くりあす

ちなみに初回は大幅オーバーでした(涙)

 

まとめ:アウトプットを実践すれば自己成長できる

充分なアウトプットを実践しないのはもったいない!と思わせてくれる1冊でした。

この本の内容は、勉強や仕事だけではなく、コミュニケーションにも役立ってくれると思います。

 

・アウトプットの結果として現実世界が変わる
・インプットとアウトプットのバランスが大事

 

また、冒頭にも述べたように、アウトプットなくして現実に変化は起きません。逆に言えば、少しでも行動を起こすことで現実は変わり得るということですよね。

 

インプットの結果を最大限に活用していくためにも、ぜひ『アウトプット大全』を読んで自己成長に繋げてみてください!